トップ > 携帯創作系(着うた・着メロなどの作り方) > 着うたの作り方(3gp)〜有料編〜

着うたの作り方(3gp)〜有料編〜

ここではDocomoのFOMA用の着うたの作り方を解説していきたいと思います。


今回紹介するのは公式な作り方なので多少のお金がかかります。
また作った着うたを配布したり、インターネット上にのせたりすることは例外なく犯罪です。もしやらかしても当サイトは一切責任は負いません。準備するものは
・着うたにしたい音楽CD
CD2WAV32
SoundEngine(フリーのもので十分です)
QuickTimePro(3400円します)
です。
リンクから最新版をダウンロードしてきてください。

1.CDから曲を抜き出してwav形式にする


まず着うたにしたい楽曲をCDから抜き出してwav形式にします。
CD2WAV32というソフトを使用します。(基本的にはCCCDも可能)

1.CD2WAV32を起動します。
2.CDをパソコンに入れるとCD2WAV32の画面右下に曲の一覧が表示されます。
3.取り出したいトラックを右クリックして【取り込みパラメータの設定】をクリックします。
cd2.JPG
のような画面が表示されます。
4.ファイル名を入力します。
5.OKを押してもう一度そのトラックを右クリックして【取り込み開始】を押せば自動で開始されます。

2.できたwav形式のファイルを編集する


古い機種では流行の着うたフル、という訳にはいかないので長さを変更します。
SoundEngineを使用します。

1.SoundEngineを起動します。(Lumpy.exeと間違わないように)
2.開いた画面にさっきのファイルをドラッグ&ドロップしてください。
3.画面に波形が出て再生が始まります。
4.波形から余計なところを範囲指定します。
5.右クリックから【削除】します。
6.【ファイル】→【上書き保存】を選択します。

長さ的には20〜40秒くらいを目安にしてください。
長ければ長いほど音質は悪くなります。
公式のものより音質が悪くてもいいなら3〜4分程度は再生できなくもないです。
(3g2形式の着うたなら1曲丸ごと再生が可能な場合があります。)

3.QuickTimeProを使って変換する


1.先ほど用意したwavファイルをQuickTimeProで開きます。
2.【ファイル】→【エクスポート】を選択します。

3g2_yu_1.jpg

3.【書き出し】の部分を『ムービーから3G』にします。
4.【オプション】を押し設定画面を開きます。
5.【ファイルフォーマット】の部分を『3GPP(Mobile MP4)』にします。
6.ファイルフォーマットの下の枠からオーディオを選択しその中の
【データレート】は48kbps以下(一部機種ではもっと大きくても再生可能です)
【出力のサンプルレート】を16.000KHz(一部機種ではもっと大きくても再生可能です)
に設定しOKを押して保存してください。

4.携帯に転送する


あとは携帯に転送すれば再生ができるはずです。
転送の仕方は「携帯に転送する方法」を見てみてください。

質問はこちら

登録可能な着うたを作りたい
SDカード転送可能な着うたを作る
テロップつきの着うたを作りたい
画像付きの着うたを作りたい

携帯ランキング

携帯総合情報サイトについて

ドコモ、au、ソフトバンクの最新機種情報の他、着うたや着メロの作り方を分かり安く解説しています。

注目⇒ついにドコモからiphone発売!>>

コンテンツ
携帯創作系
新着記事
記事検索
 
過去ログ
ランキング
応援お願いします。 人気ブログランキング

カウンター
相互リンク・広告掲載
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。